ディズニーランドで一度だけ良い思いをしました

ディズニーランドは
1年に1回ぐらいのペースで行っていますが、
いつ行っても大体混んでいます。
アトラクションのファストパス券をもらいますが、
2,3時間は軽く待たされるので、
効率よく廻る必要があります。
個人的にジェットコースター系が嫌いで、
いつも避けていましたが、
人数的に一緒に座りたいときがあり
、仕方なく長時間並んでいました。
スペースマウンテンに乗る段階になり、
前の方に座っていた小さな女の子が
ものすごい勢いで泣き始めました。

泣くというより、
降りたい、降りたいと暴れはじめました。
その影響でなんだか緊張がましました。
連れていた親がなんとかなだめ、
いったんは落ち着きましたが、
動き始めたら、またあばれはじめています。
どうなるかと思っていたら、アナウンスがあり、
なんとスロープを登らずに、
違うレールを進んでいきました。
少し進むと、降車できる場所につき、
乗り物に乗っていた人全員がおろされました
そして、スペースマウンテンの優先カードと、
違うアトラクションにも
優先してのれるカードをもらえました。
乗っていた人はニコニコ顔です。
小さい女の子もおとなしくなっていました。

このカードをどのアトラクションに使うか、
みんなで考え、
スプラッシュマウンテンにしました。
当時はかなり混雑していて、
3時間は並ぶ必要がありました。
優先カードを係りの人に見せると、
並んでいる人を追い越して、
別の通路に案内してくれました。
ほとんど並ばずに乗れました

こんなラッキーな体験したのは、
この時だけでしたが、
記憶にはいつもでも残っています。

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!私の混雑体験の関連記事